5つのコツをしっかり押さえて、広告デザインの基本を学ぼう

良い広告を作ることが出来れば、それだけで、販促効果が期待できます。しかし、多くの会社では、なかなか広告で、売り上げを上げることは出来ません。では、どのような広告ならば、売り上げを上げることが出来るのでしょうか?今回は、「5つのコツをしっかり押さえて、広告デザインの基本を学ぼう」ということで、広告デザインの基本の5つのコツをご説明いたします。

ルールを決めておく

いきなり作り始めるのではなく、事前にルールを決めておきましょう。事前にルールを決めて置かないと、作った後に訂正する箇所が多くなってしまいます。最悪の場合、訂正することなく、作ってしまうというケースもあり得ます。具体的には、イラストとテキストの位置を決めておくと良いです。イラストを左、テキストを右に配置すると決めて置けば、後から見たときに、全体に統一感を出すことが出来ます。また、事前にルールを決めて置くことで、整ったデザインにすることが出来るのです。
TODO

使う色は最低限にする

次は、「色」のお話です。広告を使うときには、何種類の色を使えばよいでしょうか?具体的に、何色と色の数が決まっているわけではありませんが、「3色」以内が目安となります。多く使えば使うほど、カラフルになりますが、かえって大切なところがわかりづらくなってしまいます。広告には情報量が必要となるので、色を3色以内にして、伝えたい情報が明確に伝わるようにするとよいでしょう。
色

余白を大切にする

広告を作る際には、あまり余白がない方が良いと思う方もいるかもしれませんが、「余白」を作ることで、見やすい広告になるのです。一つの広告につき、全体の2割ほどの余白を開けておくとよいでしょう。余白を大切にする際には、広告全体の「バランス」を意識しましょう。
余白

フックを作る

作家は文章を書く際に、「フック」と呼ばれる技術を使います。フックとは、読んでいる人に興味関心を持たせる技術のことを言います。何気なくパラパラとページを捲っているいる人が、「おっ」と止まるのも実は、「フック」の効果なのです。文章だけではなく、デザインにもフックを作ることは出来ます。例えば、一番の目玉商品にだけイラストが載っていたり、金額が大きくなっているような広告を見たことがありませんか?安い金額が大きく載っているので、読み手は「おっ」と手を止めることになるのです。このようにデザインにもフックを使うと販促効果を期待することが出来ます。ただし、すべての部分を強調するということは出来ないので、強調したいポイントを見極めて、そこにフックを作らなければなりません。
フック

コントラストをはっきりさせる

最後に、全体のコントラストをはっきりとさせましょう。上記で強調したいポイントだけにフックを使うという説明をしましたが、コントラストとは、広告の全体で強弱を作るということが大切になります。色、デザイン、文字の形など様々な要素のバランスを取って、強弱をつけるのです。広告は見やすいものほど、お客様に伝わりやすいものになるので、「コントラストをはっきりさせる」ということを、頭に入れておくとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、「5つのコツをしっかり押さえて、広告デザインの基本を学ぼう」ということで、ご説明いたしました。デザインを作るのは、非常に難しい作業です。会社の資料を作るために、広告のために、デザインを作らなければならないという方もいるかもしれません。まずは、今回紹介した5つのコツを利用して、一度デザインを作ってみましょう。始めは慣れないかもしれませんが、作っていくうちに自然とわかりやすいデザインの広告を作ることができるようになっていきます。実践こそが、上手になる秘訣です。