10分で簡単に作れる!?無料ラベルシールの作り方とは?

「部屋の中がごちゃごちゃと散らかってきた」、「部屋をおしゃれにしたい」というときに活躍するのがラベルシールです。空き瓶や調味料、透明なシャンプーケースなどに、ラベルシールを貼るだけで、簡単におしゃれな雰囲気を出すことが出来ます。また、散らかっているときには、ラベルシールを貼り付けることで、散らかりづらい、片付いた部屋に変えることも可能です。そうは言っても貼る所が多いのに、いちいちラベルシールを買っていては、お金がかかってしまいます。だからこそ、手作りの無料ラベルシールを一度作ってみるとよいかもしれません。作り方も簡単で、費用もかけずに、作ることが出来ます。今回は、「無料のラベルシールの作り方」ということで、その作り方や活用法をご紹介いたします。

マイクロソフトを使うことで、簡単に無料ラベルが作れる

通常のパソコンには、マイクロソフトのワード、エクセル、パワーポイントなどのソフトが入っています。それらを使うことで、簡単に無料のラベルを作ることが出来ます。まずは、エクセルでの作り方を見ていきましょう。

フォント

エクセルで作る場合

エクセルは、表計算ソフトと言われていて、家計簿や仕事の収支などの細かい計算をすることがメインなので、黒枠がとても小さいです。ラベルシールを作るときは、使いやすいように、大きな黒枠にしておきましょう。その調節が終えたら、印刷プレビューで全体を見てみるとわかりやすいので、利用してみると良いかもしれません。次に、その黒枠の中に、ラベルにしたい文字を入力していきます。入力が終わったら、黒枠と文字のバランスを調節しながら、文字を大きくしていきましょう。次に、挿入から「イラストのダウンロード」をして、好きなイラストと文字を組み合わせていきます。この時点から、ようやくおしゃれな手作りラベルのようになってきます。最後に印刷プレビューで、一つ一つの大きさを確認します。気に入ったバランスになったら、実際に印刷してみましょう。

ダッシュボード

ワードで作る場合は、宛名ラベル

宛名をいちいち書くのが大変という場合に役に立つのが、ワードで作った宛名ラベルです。また、ワードの中で住所の管理をすることが出来るので、必要なときにすぐに住所の情報を引き出すことも出来ます。その作り方は、まず、メニューバーから、はがきと差し込み印刷の差し込み印刷を選択します。すると、画面の右側に、差し込み印刷の作業ウィンドウが表示されますので、文章の選択から「ラベル」を選びましょう。次に、文章レイアウトの変更からラベルオプションをクリックします。そして、ラベルのサイズを選び、すべてのラベルに印刷するを選択、最後に新規文章を選択します。それを印刷プレビューで確認して、問題がなければ印刷しましょう。

ダウンロード

簡単ダウンロード素材で作る場合

無料ラベルシールは、今とても人気があります。その人気に合わせて、インターネット上で無料のダウンロードできるサイトも増えてきているので、「無料ラベルシール ダウンロード」で検索してみましょう。気に入ったラベルシールがあれば、それをエクセルに貼り付けます。残りの作業は、エクセルでラベルシールを作る場合と同じなので、簡単に作ることが出来るのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、「無料ラベルシールの作り方」ということで、その作り方と活用法をご説明いたしました。わざわざラベルシールを買ってこなくても、自分で楽に作ることができるので、一度試してみてはいかがでしょうか。ラベルシールが貼りづらいという方は、マスキングテープを下地に貼ってみると作業が捗るかもしれないので、一度お試しください。