定番から変わり種まで。販促に効果的なノベルティグッズ

ノベルティグッズ

ノベルティグッズとは

ノベルティグッズとは、商品・サービスの販売促進を目的として、企業が消費者に提供する景品のことです。ノベルティグッズは、ティッシュやカレンダーといった定番から、人気キャラクターや商品とのコラボグッズなど様々なものがあります。企業は消費者に購買行動を起こさせるため、ノベルティグッズに趣向を凝らしているのです。

企業がノベルティグッズを提供する場面

企業がノベルティグッズを提供する場面でまず考えられるのは、店の新規オープンや年末の挨拶などに配られる粗品や記念品です。新商品のキャンペーンなどでもノベルティグッズが活躍します。「この商品を買うとこれがもらえます」といったプレゼント付きキャンペーンもノベルティグッズのひとつです。ここでは定番から変わり種まで、販促に効果的なノベルティグッズをご紹介したいと思います。

定番のポケットティッシュ

街でよく見かけるノベルティグッズが、名入れポケットティッシュです。安いコストで多くの人に配れるうえ、使うたびに企業・サービス名を目にする点で広告効果の高いノベルティグッズといえます。類似のグッズとして、ウェットティッシュやボックスティッシュ、変わったところではロールにオリジナル印刷ができるトイレットペーパーなどもあります。

実用重視! 日常的に使える文房具

文房具も人気のノベルティグッズです。ボールペンからクリアファイル、メモ帳、付箋、ノート、定規、消しゴムなど。日常的に使われる文房具は企業名、商品名の認知に最適です。

食べられるノベルティグッズ

キャンディー、マシュマロ、クッキー、ラムネ、せんべいなど、おもて面にフルカラーでプリントができる、食べられるノベルティグッズです。「キットカット」「じゃがりこ」「ブラックサンダー」といった、スーパーやコンビニで見かけるお菓子のオリジナルデザインのノベルティグッズもあります。子供からお年寄りまで、お菓子は年齢を問わず受け取られる確率が高いノベルティグッズです。

スマートフォン関連ノベルティグッズ

タッチペン、クリーナー、スマホケース、スマホ充電器など。もはや手放せないスマートフォンだけに、販促効果は絶大。スマートフォンの普及にともなって、グッズの種類も増えています。

季節のノベルティグッズ

夏であれば定番のうちわ、冬であればマスクやカレンダー、カイロなど。季節にあったノベルティグッズを提供することで、消費者に手に取ってもらえる確率が上がります。

おもちゃ

名入れの風船やクレヨン、オリジナルデザインのトランプなど。変わったところでは、タカラトミーの「チョロQ」をオリジナルデザインでオーダーできるというノベルティグッズもあります。

まとめ

ここにあげたノベルティグッズはほんの一例です。企業イメージや目的とあわないノベルティグッズ、消費者が貰いたくないようなノベルティグッズは、企業イメージを下げるだけでなく、販促に対して逆効果になりかねません。プロモーションの目的、魅力的なノベルティグッズとは何かを意識してグッズを吟味し、企業イメージにあった消費者が貰いたいノベルティグッズを作りましょう。