集客できるチラシを作るためには?

集客できるチラシを作るために大切なことは、「デザイン」です。目に入りやすく、わかりやすいデザインならば、集客に直結する可能性が高いです。そうはいっても、デザインは専門性が高く、難しいと思っている方も多いと思います。しかし、コツさえつかんでしまえば、デザインは簡単に作成することが出来るのです。今回は、「集客できるチラシを作るためには?」ということで、そのコツについてご説明いたします。

人の視線を意識する

人の視線は、ある程度決まった動かし方があります。例えば、ものを見るときに、横書きだと左から右へ、縦書きならば、上から下へと無意識のうちに視線を移動させているのです。この原則は、チラシやポスターの時でも同じです。そのような理由で、「お客様にアピールするポイント」や「絶対に伝えたい内容」は、必ず上部に配置するようにするとよいのです。また、文字だけではなく、イラストも載せるとより効果的になります。クーポンや連絡先などの詳しい情報は、チラシの下部に配置すると、全体の流れが自然と頭の中に入ってきます。
視線

ワンポイントアピールで強調する

同じような文字のサイズで、ずらずらと長い文章がかかれていても、効果的なチラシということは出来ません。スーパーなどのチラシで、「特売!」というワンポイントアピールをよく見るという人は多いと思います。そのように、強調すべき商品などには、「ワンポイントアピール」を使って強調することが大切なのです。ただし、派手すぎるものは、かえってお客様の購買意欲を削減させてしまう可能性もあるので、シンプルに、わかりやすいワンポイントアピールになるよう心がけましょう。
挿絵

商品情報はできるだけ詳しく記載する

デザインにこだわっているチラシだからといって、必ずしも良いというわけではありません。デザインがいくらわかりやすいようなチラシでも、「商品情報」が少ないと販促効果は見込めません。例えば、洋服などの商品をチラシで宣伝する場合には、その商品のサイズだけではなく、どのような生地でできているかも非常に大切です。そのような詳しい情報が決め手となって、商品を購入するという方も多いので、商品情報は多い方が良いでしょう。ただし、文字情報ばかりが多くなってしまっても、見栄えが悪いので、バランスを意識するとよいでしょう。

失敗を生かし、成功につなげる

チラシを作っても、なかなか集客に繋がらないというお店の数は非常に多いです。しかし、「なぜ、効果がなかったのか」を反省しなければ、次に生かすことは出来ません。また、同じ失敗を繰り返してしまうことになるのです。なぜ効果がなかったのか、その理由をよく考えて、次にチラシに作る時に、その失敗を生かしてチラシを作ることが出来れば、近いうちに成功する可能性が高まります。上記の3点に加えて、「反省」することが、集客力できるチラシを作るためには、必要不可欠なのです。
チラシ

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、「集客できるチラシを作るためには?」ということで、4つのコツをご紹介いたしました。今回のコツを踏まえたうえで、チラシを作ることで、集客力の高いチラシを作ることに繋がることでしょう。また、チラシを作成する際には、必ず、「読者の視点」も意識すると良いです。チラシの作成者は、商品の売り手になりますので、どうしても「売りたい」という気持ちが全面に出てしまうことがあります。しかし、読者の視点を意識することで、読み手からも読みやすい、わかりやすい文章になるのです。まずは、今回紹介した4つのコツを生かして、バランスの良いデザインを心がけて、チラシ作りをしてみましょう。