反響効果を高めるためのチラシ作成方法は?

家のポストを開けると毎日のようにチラシが入っているという家庭も多いことでしょう。しかし、そのチラシの大半は読まれていないかもしれません。チラシを作成するうえで、大切なことは、「読まれるような工夫」をすることです。配ったら自然と読んでもらえるというのは大昔の話です。では、どのような工夫をすれば、お客様が読んでくれるチラシを作ることが出来るのでしょうか。今回は、「反響効果を高めるためのチラシ作成方法は?」ということで、その方法をご説明いたします。

ターゲットを明確にする

まずは、「ターゲット」を明確にしましょう。ターゲットがずれてしまっていると、どんなに素晴らしいチラシでも販促効果を得ることは出来ません。例えば、化粧品が欲しいという女性がいるとします。その女性に向けて、低カロリー食品のチラシを送ってもあまり効果はないでしょう。しかし、それがコストパフォーマンスの良い化粧品のチラシならばどうでしょうか。チラシの内容とそのターゲットがマッチしていて、はじめて販促効果を得ることが出来るのです。
ターゲット

配布エリアが適切か確認する

次に、「配布エリア」の確認をしましょう。もしチラシを配ったエリアに同じようなサービス内容で価格が非常に安いようなライバル店があったのならば、そのエリアにチラシを配布するのは無駄になってしまいます。しかし、チラシを配るエリアに同じようなサービス店がなかったのならば、大いに販促効果を期待できるでしょう。チラシを作成する前に、どのようなエリアに配布するのかを確認することも非常に大切なのです。

キャッチコピーを設定する

チラシを作ったことがあるという人は、過去のチラシに「キャッチコピー」が書かれているかどうかを確認してみてください。お客様がチラシを見る時間は、約5秒と言われています。その間に、必要な情報を提供して、「欲しい」と思ってもらうためには、凝縮して伝えることが非常に大切になってきます。キャッチコピーは、頭に残りやすく、短い言葉で意図を伝えることが出来ます。お客様の心をつかむことのできるようなキャッチコピーを設定することで、販促効果も大いに期待できるでしょう。

付加価値をつける

ただ商品の説明が書かれているチラシよりも、「付加価値」のついたチラシの方がお客様を引き付けることが出来ます。例えば、受け取ったチラシに「チラシをもらった人のみ20%オフ」というサービス券がついていたら、思わずそのお店に行ってみたいと思いませんか?興味がない商品ならば、行きたいと思わないかもしれませんが、興味のある商品ならば、一度行ってみてもよいと感じる人も多いのではないかと思います。また、「期間限定」という付加価値をつけるのも非常に効果があります。バレンタイン限定やクリスマス限定というチラシによって、わずか一日で1カ月分の売り上げを得るという洋菓子店もあるそうです。適切なタイミングで付加価値をつけることが出来れば、それだけでチラシを効果的に活用することが出来るかもしれません。
プレゼント

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、「反響効果を高めるためのチラシ作成方法とは?」ということで、その具体的な方法をご説明いたしました。以前にチラシを作ったことがあるという方は、上記のポイントと過去のチラシを照らし合わせてみてください。反響効果があったというチラシには、いずれかのポイントが含まれていることでしょう。はじめてチラシを作るという方は、上記のポイントを意識してチラシを作ることで、より反響効果のあるチラシができることでしょう。また、どうすれば反響効果を高めることが出来るのか、お客様の視点から考えてみるとおのずと答えが見つかるかもしれません。