【インターン選考対策】インターンシップを行う上での注意すべき点とは?

インターンシップってそもそも何をするの?

インターンシップにもいくつか種類がありますので、種類ごとにどのような内容なのかを説明します。

インターンの期間で分けた分類

1dayインターンシップ(主にセミナー型・グループワーク型)

一日で完結するインターンシップです。セミナー型は基本、話を聞いて終了なので、会社説明会と大きくは変わりません。

グループワーク型は、グループに分かれて課題に取り組みます。その会社や業界にまつわるお題が出されるので、それについて取り組むことで、会社や業界の理解を深めるというものです。

これらのインターンは一度に一斉に行えるので、企業側からすると一度にたくさんの学生に参加をしてもらうことが出来る(名簿を集めることが出来る)というメリットがあります。

早期に活動をしている、意識が高く優勝である(可能性の高い)学生の名簿を獲得しておくことで、その後の会社説明会や選考に繋げていきたいという意図があります。

このパターンのインターンシップは一度に多くの学生が参加出来るので、選考がない場合もあります。

中期・長期インターンシップ

3日~長い場合は2、3週間かけて行うインターンシップです。ここまで時間をかけて実施する場合は、企業の実務の体験をすることが出来る場合もあります。場合によっては有給でお給料をもらいながら実務をするというインターンもあります。

中期・長期インターンシップの場合は、受入側の企業の労力もかかりますし、一度に多くの学生を受け入れるということは出来ないので、セレクション(選考)がかかることが多いです。

インターンシップの内容で分けた分類

課題遂行型

企業から課題を与えられてそれに取り組むインターンシップです。グループワーク形式もこれに当たります。

グループワークではなかったとしても、課題はあくまで学生の皆さんに会社のことや業界のことを理解してもらうために企業が作り出した課題なので、本当にその会社の仕事理解につながるかというと少し違います。

ですので、課題遂行型のインターンシップに参加をしただけで、その業界や企業の仕事内容を理解したということは言えないので、その点は気をつけましょう。

業務同行型

営業同行など、企業で実際に働いている社員に同行をして仕事の様子を見るインターンシップです。これは生々しいです。社員が実際にやっている仕事内容を知ることが出来ます。

業務遂行型

その企業の実務を実際にやるインターンシップです。スタートアップベンチャーなどに多いです。有給の場合もあります。人手が足りていないベンチャーが安い労働力としてインターンに頼っているという側面もありますが、その企業のなかにかなり入り込んで仕事が出来るので、その会社の業務内容や実際の現場の雰囲気を深く知ることが出来るチャンスでもあります。

なぜ企業はインターンシップをするのか?

これは間違いなく採用が目的です。早期から活動する意識が高くて優秀な(である可能性が高い)人と接点を持つことで、優秀な人材の採用につなげたいと企業は考えています。

特に近年、大手企業を中心にインターンシップから採用に繋げる動きが顕著になって来ています。内定者の半分はインターンシップ経由という大手企業がざらにあります。

ベンチャーのように倫理憲章を無視して、インターンシップ終了後すぐに選考を始める企業もあれば、大手企業で倫理憲章を順守して、3月以降になって会社説明会の案内をするなど、アプローチの仕方に違いはあれど、最終的には採用に結び付けたいとどの企業も考えています。

単にボランティアで、慈善事業としてインターンシップをやっている会社はありません。

自分はインターンシップに何を求めるか?

あなたは何を目的にインターンシップに参加をしたらよいでしょうか?

選考に進むことを目的にインターンシップに参加をする

大手企業であれば、選考の倍率が非常に高いので、狭き門となります。大手企業で選考に進むことを目的にインターンに応募する場合は、受からなくても当然、受かったらラッキーくらいの気持ちで臨みましょう。

業界や仕事内容を知るために参加をする

先ほど紹介した業務同行型や業務遂行型のインターンシップは実際の仕事内容を知る絶好の機会です。中堅・中小企業やベンチャー企業のインターンシップは応募者が少ないので、選考もなく希望をすれば誰でも参加が出来るものも多いです。

3年生の夏休みや春休みの時期からこのようなインターンに参加をしておくと、自分自身が行きたい業界や会社を絞って行くうえで絶好の経験が出来ます。

自分に合った業界や会社を見つけることを目的に、中堅中小企業やベンチャーのインターンシップへ参加してみることをお勧めします。

就職活動の面接とインターンシップの面接はどう違うの?

インターンシップで選考があるのは、大手企業か早くから動いている有名ベンチャー企業です。

なので、正直学歴は関係あります。早期から動くのは学歴が高い人の割合が多い。そこは企業も見ています。特にたくさんエントリーが来る人気企業はそうです。

企業が採用したいと思う学生からインターンシップの受入をしていきます。ですので、インターンシップと採用の選考の違いは特にありません。インターンシップだからこういう学生を採用するということはあり得ません。

インターンの志望動機はどう書けばいいの?

業務内容や事業内容を理解している必要があります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

説得力が120%増す!?志望動機を書き方と志望動機例

選考時の面接の際、どう自分をアピールすればいいの?

あえて言うとスケジュールです。インターンシップで企業側が一番苦心するのが日程調整です。もし選考に受かりたかったら、自己都合の優先順位はなるべく下げるべきです。アルバイトやサークル、休める場合は授業も優先してインターンシップに参加をしましょう。それだけ優先して日程を調整することが出来るということを面接で伝えましょう。

その場で自分のスケジュールをはっきり伝えら得るように、グーグルカレンダーをはじめとしたスケジュール管理システムで自分の予定を前もって明確にしておくことも有効です。

インターンシップに参加することは有利なのか?

インターンに参加したからと言って、それだけで受かりやすくなる訳ではありません。最後には企業がその人を欲しいかどうかなので、インターンをやっていたら絶対的に有利という訳ではありません。

ただ、インターンをして早期から動いていることについて、行動力と行動の速さ、自社を志望してくれたという意思は多少評価されるでしょう。企業が見ているのはそれくらいです。
あくまでインターンシップをやったとしても、他の一般学生と同じで説明会への参加からスタートというケースも多いです(特に大手は)。

大手企業はたくさん応募があるので、早く来たからと言ってそこに希少性を感じていません。有利になるのは学生にあまり知られていないベンチャー企業や中小企業です。その場合は企業の側から青田刈り的な行動に出られることも多いです。


個別就職相談会

ナイタツでは企業の選び方から面接対策、実際の企業紹介まで就活生のお悩みに合わせた個別相談会を実施しています。就活生の皆様はお気軽にお問合せ下さい。